LibraryTalk

電子版参考書を活用しよう

CS領域 M2 安部秀哉

研究

ICT

システム

デザイン

知能

複雑

『無料で利用できる電子版参考書』

Maruzen eBook Libraryというサイトをご存知でしょうか?

端的に言うと、大学が契約している電子書籍を無料で閲覧及びダウンロードできるサイトです。

また、自宅からでもアクセスでき、必要な部分はダウンロードできるというメリットもあります。

ダウンロードできる本の一例としては、学部1年の解析学I、IIの講義内容に相当する「解析入門1、2(杉浦光夫著)」があります。

因みに私は、研究室でその紙媒体を参照し、自宅では電子版を参照するといった使い方をしています。

これらを定価で購入すると6千円以上かかり、他大学の友人からこのサービスの存在を教えてもらうまで知らなかったので、もっと多くの人に知ってほしいと思います。

最近は私が関心のある分野だと、量子コンピュータや機械学習、データサイエンスなどの本が追加されたので、非常に有難く感じています。

皆さんも自分が興味のある分野の本を探してみてください。

2+